アンサージュの界面活性剤はどんなものがあるの?

アンサージュの成分の中には界面活性剤と呼ばれる成分が配合されています。

 

界面活性剤と聞いて真っ先にイメージするのが洗剤なのではないでしょうか。

 

  • 化粧品に配合されている界面活性剤はなにがあるの?
  • 洗剤と同じなら危険じゃないの?

 

化粧品は直接肌につけるものですから成分の安全性は気になりますよね。

 

 

ここでは、アンサージュに配合されている界面活性剤はどのようなものなのか、安全なのかを調べましたのでご紹介いたします。

アンサージュの口コミについてはこちらの記事でも触れています。

アンサージュの口コミについて

界面活性剤とは?

界面活性剤は、物質の境目(界面といいます。例えば水のと油が接していて、水と油が混ざり合うことなく分離している面)に作用して変化を起こす物質のことを言います。

 

例えば、「乳化」も界面活性剤の働きの一種で、水と油のように混ざらない物でも、界面活性剤を加えると白く濁ごって均一になります。

 

クレンジングオイルはこの乳化作用を利用して、メークを落としているんですね。

 

界面活性剤の構造を簡単に説明すると、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質のことです。

メーク落としの時何が起きてる?クレンジングと乳化について

メーク落としの時にクレンジングを顔にクルクルとなじませますよね。
分子レベルまで拡大してみてみると、クレンジングは油になじみやすい部分(親油基・疎水基)がメイク(メイクは油分が多く含まれます)の油分をまるく取り囲み、水になじみやすい部分(親水基)が油分を囲んだ外側を囲みます。お肌とクレンジングの間ではお肌についているメークをクレンジングの層に取り込むことで、水と油が均一に混ざり合いメークが落ちるということになります。

あなたのクレンジングのボトルに「エマルジョン」という表記を見たことはありませんか?

 

エマルジョンは乳化の意味で、分離していない白濁した液体をエマルジョンと呼びます。

界面活性剤の安全性は?

界面活性剤と聞くと、

  • 洗剤に入っているもの
  • 肌につけるのは危険じゃないの!?
  • 無添加のものを選ばなきゃ!

というイメージが強いのではないでしょうか。

 

しかし、界面活性剤が「悪いもの」とは一概にはいえません。

 

たしかに化学的な技術が発達していなかったころの界面活性剤は油分を根こそぎ取っていくような強いものもあったようです。
この背景にあるのは、特にヨーロッパでは水が硬水のためせっけんの泡立ちが悪く(せっけんも界面活性剤です)、改善するために強い成分を配合しなければならなかったのです。

 

現在は技術が発達していますので、化粧品やシャンプーに配合されている界面活性剤は極力肌に負担をかけないように各社開発に力を入れています。
特にアンサージュを販売している山田製薬という会社は、100年以上の歴史を持つので特に安心して使えますね。

 

界面活性剤がなければメークを落とすことも、シャンプーすることもできません。

 

「でも、無添加のせっけんなら安心でしょ」

 

という声が聞こえてきそうですが、無添加のせっけんにも界面活性剤が入っています。というより、むしろ無添加のせっけん自体が界面活性剤なのです。

 

界面活性剤と聞いただけで恐れることはありません。気になる方はパッチテストなどを事前に行ってご自分の肌に合うかどうかを確かめることをおすすめします。

パッチテストとは?

 

自分の肌に化粧品が合うかどうかを判断するためのテストです。
パッチテストの方法は、少量の化粧品をコットンなどに含ませて、直接腕や太ももの内側(皮膚の薄い部分)に貼り付けて1日から2日後に肌の調子を確認する。
異常がなければ使用して問題ないが、湿疹や赤みがあれば使用を中止するのが望ましいとされています。また、テストで異常が出なくても、化粧品を使っていくうちに異常が現れた場合は
ただちに使用を中止し,医師に相談することが重要です。

アンサージュ アーティオイルクレンジング (メーク落とし)に入っている界面活性剤

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルは、イソステアリン酸(パーム油由来の高級脂肪酸)と水性成分のポリオキシエチレングリコールがグリセリンを介して結合した非イオン界面活性剤です。

  • 分子量が大きいので安全性の高い成分
  • 優れた乳化作用
  • 主にクレンジングオイルの主剤として幅広く使用されている

PEG-7グリセリルココエート

「PEG-数字」の表記がされている成分は、ポリエチレングリコール(PEG)のことで、水溶性の高分子化合物(合成ポリマー)です。安全性が高い乳化剤(界面活性剤)とされていますので、クレンジングなどに配合されます。
PEGの特徴は、

  • 水によく溶ける
  • 配合された製品の水分揮発を防ぐ
  • 品質を保持する
  • とろみをつける効果がある

などがあるため、化粧品やシャンプーなどに広く配合されています。

PEG-20ソルビタンココエート

非イオン性界面活性剤で、ヤシ脂肪酸と酸化エチレンから作られます。
安全性が高い乳化剤(界面活性剤)とされていますので、シャンプー、石鹸、乳液、クリームに使用されます。

アーティオイルクレンジング <メーク落とし>の全成分についてもっと詳しく知りたい方はこちら

アンサージュ アーティウオッシュ (洗顔料)に入っている界面活性剤

ステアリン酸グリセリル(SE)

ステアリン酸グリセリル(SE)は、非イオン界面活性剤です。
SEというのはSelf-Emulsifyingの頭文字で自己乳化型を表します。
ステアリン酸グリセリルは疎水性が強いので、水溶性を持たせるためにモノ脂肪酸グリセリルを配合したものです。
乳化安定作用が高いのが特徴です。

ココアンホ酢酸Na

プラスイオンとマイナスイオンの両方をもっている両性界面活性剤です。
特徴は泡の安定剤で油脂に反応して泡を長く保つ性質があり、硬水でも洗浄力が落ちません。肌への刺激が少ないのでうるおいを与えるために配合されます。

アーティウオッシュ <洗顔料>の全成分についてもっと詳しく知りたい方はこちら