30代になったら始めたい毛穴ケアとは?

30代になて、なんとなく20代の頃のお肌の調子と違うなって感じたことありませんか?

 

これは細胞の代謝が20代をピークにしてだんだんと遅くなっていくからといわれれいます。
つまり、30代になるとターンオーバーがおそくなってくるのですね。

 

そして肌の皮脂分泌や水分の量も減ってきます。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンも減ってきます。よくサプリメントなどの栄養補助食品や飲料の商品があるようですが、全く効果がないとは言い切れないようですが、これらは食べることによって補える量が非常に少ないよう
です。

 

30代の毛穴ケアアンチエイジングはどのようにしたらよいか調べてみました。

 

そもそも、ヒアルロン酸とかコラーゲンってなに?

美容に興味のある方ではなくても、一度は聞いたことがある、ヒアルロン酸やコラーゲン。
30代のお肌にも美しくあるためには欠かせない成分のようなイメージがありますよね。
でも、そもそもヒアルロン酸やコラーゲンって何なのでしょうか?

ヒアルロン酸はグルコサミノグリカンの一種

複合糖質と呼ばれる、グルコサミノグリカンは

  • 長い
  • 分岐がない
  • 複合多糖

です。
複合多糖というのは2種類以上の糖が組み合わさってできている物質のことです。

 

グルコサミノグリカンの場合は、酸性糖とアミノ糖の2つの糖が1組になったものです。これら2つの糖が1ユニットとしてずらりと並ぶのです。
ヒアルロン酸の場合は、

  • 酸性糖がD-グルクロン酸
  • アミノ糖がN-アセチル-D-グルコサミン

の2糖が1ユニットとなっています。

グリコサミノグリカンの性質

グリコサミノグリカンの性質は、大量の水と結合することができます。粘性と弾性をもつので

  • 結合組織の細胞間質
  • 衝撃吸収
  • 潤滑

の役割を担っています。

 

ヒアルロン酸が美容にいい理由は、水と大量に結合してお肌をもちもちの状態に保つからだったんですね!

 

30代の毛穴ケアには、「保湿」が大事

30代になると、毛穴が乾燥したり、たるみが気になり始めますよね。

 

30代の毛穴ケアで特に重要なのが、「保湿」なのです。

 

グリコサミノグリカン(ヒアルロン酸)に水分をたっぷり保持してもらいましょう。

 

アンサージュのスキンケアシリーズの保湿力は特に口コミでも高評価が続出していましたよ!
アンサージュの口コミをみてみるとわかります。

 

保湿が行き届いていれば、ほうれい線や頬の毛穴が縦長に見えたり、たるみや毛穴が目立って現れてきてもカバーできます。

 

ぜひ、アンチエイジングを保湿から始めてみてくださいね!