アンサージュ アーティウオッシュ (洗顔料)の成分について

今インスタでも話題沸騰の、山田製薬の「アンサージュ アーティウオッシュ (洗顔料)」は、毛穴ケアに注目した大人気の洗顔料です。

 

口コミでは、毛穴の黒ずみが改善したり、高い保湿の効果が見られますが、これらをもたらす成分はどのようなものか気になりますよね。

 

ここでは、アンサージュ アーティウオッシュ (洗顔料)の全成分について徹底的にて調べてみましたのでご紹介します。

アンサージュの成分についてもっと詳しく知りたい方はこちら
アンサージュの口コミについてはこちらの記事でも触れています。

アンサージュの口コミについて

アンサージュ アーティウオッシュ (洗顔料)の全成分の詳細

グリセリン、水、ソルビトール、ミリスチン酸、ステアリン酸、ラウリン酸、水酸化K、ベタイン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、ホホバ種子油、ステアリン酸グリセリル(SE)、アーチチョーク葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、カオリン、グリチルリチン酸2K、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、セテアレス-60ミリスチルグリコール、BG、EDTA-2Na、香料

これを見ただけで、なるほど!と思う人はよいのですが、私にはよくわからないのでひとつづつ調べてみました。

グリセリン

主に化粧品では、ヤシ油やパーム油から作られる植物由来のグリセリンとなっています。
成分表の一番初めに表記されていることから配合量が最も多いことがわかります。
これは、洗顔料を肌に塗った時に肌を温める効果があるからです。グリセリンには水と合わさると発熱する性質があるのです。
肌を温めて毛穴を開かせて汚れを落としやすくする効果が期待できます。

ソルビトール

ソルビトールは、グルコースを還元してアルデヒド基をヒドロキシ基に変換して作られる糖アルコールの一種です。
乾燥した肌の水分を一定に保つ働きがあり、保湿剤や増粘剤として使われます。

ミリスチン酸

DPGはジプロピレングリコールの頭文字をとったものです。

  • 化粧品の伸びやすべりを良くする感触改良剤
  • 保湿剤
  • 肌の潤いを保ち、みずみずしさを維持する働きがある

ステアリン酸

ステアリン酸は、クリームや乳液の伸びや硬さなどのテクスチャーを安定化させる乳化安定剤です。
皮膚への刺激はなく、毒性が極めて低いとされています。

ラウリン酸

ヤシ油やパーム核油を加水分解して作られる高級脂肪酸です。
通常、他の高級脂肪酸(ステアリン酸など)とあわせて水酸化KやTEA(トリエタノールアミン)などの強アルカリと中和させて作られる洗顔剤や石けんのベースとして使用されます。ラウリン酸を配合しているせっけんは泡立ちが良いのが特徴です。

水酸化K(水酸化カリウム)

水酸化K(水酸化カリウム)はpH調整剤です。ステアリン酸やラウリン酸などの脂肪酸と結合させて、中和することで安全性を確保しています。

ベタイン

植物由来の天然アミノ酸系保湿成分です。
洗顔の際になめらかな感触があり、洗い上がりの肌がつっぱる感じを防ぐために配合されます。

イイソステアリン酸PEG-60グリセリル

乳液やクリーム、クレンジングオイルなどの形状を安定化させる乳化剤として使用されます。
油に溶ける性質を持つため、香料や油を透明化させ化粧水に配合する際に用いられます。
皮膚への刺激が少なく、毒性も極めて低いため安全性の高い成分であると考えられます。

ホホバ種子油

ホホバの種子を搾ってから精製して作られるオイル(液体ロウ)です。
多くの特徴がありますが、

  • 髪の毛や皮膚の乾燥を防ぐ
  • 潤いを与える作用がある

などから、マッサージオイルやシャンプー、化粧石けんの原料、精油用のキャリアオイルとして多様な用途を持っています。

 

アメリカ合衆国南西部からメキシコ北部が原産とされており、古来からインディアンは生活の中に取り入れていようです。

 

ホホバオイルは油脂ではなく液体のロウであることからニキビの原因であるアクネ菌が取り入れることができないので、肌につけてもニキビができにくいといわれています。
ニキビの悩みを抱えている方や乾燥肌の方に向いているオイルとも言われています。

ステアリン酸グリセリル(SE)

ステアリン酸グリセリル(SE)は、非イオン界面活性剤です。
SEというのはSelf-Emulsifyingの頭文字で自己乳化型を表します。
ステアリン酸グリセリルは疎水性が強いので、水溶性を持たせるためにモノ脂肪酸グリセリルを配合したものです。
乳化安定作用が高いのが特徴です。

アーティチョーク葉エキス

アンサージュの全商品に配合されているのは「アーティチョーク葉エキス」です。

 

アーティチョーク葉エキスは、毛穴エイジングの原因のNF-κB(エヌエフカッパービー)というタンパク質の過剰な増殖に作用する保湿成分です。

 

お肌の角質層の下にある顆粒層にあるNF-κBは、紫外線によって活性化されます。

 

すると、炎症性の物質が作られて炎症などの肌トラブルを引き起こしまうのです。

 

NF-κBの活性をアーティチョーク葉エキスによって抑制することで炎症を抑制する作用があるようです。

 

その結果、光(紫外線)による肌の老化を抑えて皮膚のトラブル(毛穴のトラブル)を抑えることができるという仕組みです。

 

アーティチョークエキス(アーチチョーク葉エキス)には、メラニンが生成する量を低下させる作用(色素沈着抑制作用)が認められているようです。

 

メラニンとはメラノサイトという細胞が作り出す色素のことです。

 

本来は、肌に紫外線が当たると肌を守るためにメラノサイトがメラニンを作っているのですが、美容の面から見るとシミの原因としてやっかい者扱いをされていますよね。

 

まとめると、アーチチョーク葉エキスは、炎症をおさえながらメラニンの生成も抑えて色素の沈着を抑制し毛穴ケアに効果が期待できるようです。

 

また、化粧品毒性判定事典によると、アーチチョーク葉エキスは毒性はなく、安全性に問題はないとされています。

アーティチョークとは?

(上写真中央の白い皿に乗っている2つのつぼみのようなものがアーティチョークです。)

 

アーティチョークは、若いつぼみを食用とするヨーロッパの地中海沿岸原産で、旬は初夏の1カ月。
江戸時代にはすでに日本にも入ってきていたようです。グルメな方はご存知かもしれませんが、日本であまり見かけない理由は、食用よりも観賞用に栽培されることが多いからだそうです。

 

古くからヨーロッパをはじめアメリカでもハーブとして有名で、食用、薬用にと大変人気のある高級食材です。中世ヨーロッパでは、花の部分を媚薬として考えられていました。
媚薬の効果は定かではありませんが、近年では「シナリン」という生理活性物質が注目されており、

  • 肝機能改善
  • 脂質、コレステロールの代謝促進

などが期待されているようです。

 

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

古来から薬草として親しまれてきたセイヨウシロヤナギは、肌に潤いを与え、肌のバリア機能を整え毛穴トラブルを予防するといわれています。

 

セイヨウシロヤナギは、サリシンという成分を含んでいます。

 

サリシンは肌が本来持っている酵素によって、ゆっくりとサリチル酸へ変化していくので、やさしく角質を取り除く作用があるようです。

 

自分の肌が持っている力を促進して、古くなった角質層を除去しお肌のターンオーバーを正常な状態に近づけます

 

また、抗炎症作用や肌の乾燥を改善させる効果が期待できるため、ニキビなどの肌トラブルを改善したり、敏感肌の方にも使うことが出来るようです。

カオリン

カオリンは長石や雲母が風化してできた白色の粘土や粉末です。含水ケイ酸アルミニウムともいわれます。粒子がとても小さいため表面積がおおきく、吸収力がとても強いのが特徴です。
古くからおしろいなどの白色顔料やベビーパウダーとして用いられており、安全性は極めて高いといわれています。

グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、グリチルリチン酸のなかでも、水に溶けやすいものをグリチルリチン酸2Kとよびます。消炎を抑える作用があり、肌荒れやニキビのケアに効果があるといわれています。漢方の原料である甘草の根に含まれる成分を含んでおり、敏感肌や乾燥肌のための刺激を控える肌に優しい化粧品の成分に多くみられます。

ココイルメチルタウリンNa

刺激が少なく泡立ちがキメ細かく、つっぱる感じがしないので洗顔フォームやシャンプーに多く配合されています。

ココアンホ酢酸Na

プラスイオンとマイナスイオンの両方をもっている両性界面活性剤です。
特徴は泡の安定剤で油脂に反応して泡を長く保つ性質があり、硬水でも洗浄力が落ちません。肌への刺激が少ないのでうるおいを与えるために配合されます。

セテアレス-60ミリスチルグリコール

セトステアリルアルコールに酸化エチレンを付加重合したもので、乳化剤にとろみをつけるための増粘剤として使われます。

BG

BGとは1,3-ブチレングリコールのことで、アセトアルデヒドを合成して作られる多価アルコール類です。
植物からエキス成分を抽出するために配合されています。

EDTA-2Na

EDTA-2Na(エチレンジアミン四酢酸は、金属キレーション剤です。
金属イオンをキレート(錯化)する性質を用いて、硬水中のMg2+やCa2+をキレートさせて捕集することで軟水化することができる。
化粧品に用いられるときは、酸化防止剤(油脂の酸化を触媒する金属イオンを捕らえる)として配合される。

キレートって何?

キレート とは、複数の配位座(相手の配位子がくっつくところ)を持つ配位子(配位子(=リガンド、ligand)とは、金属に配位する化合物のこと。)による金属イオンへの結合(配位)をいう。このようにしてできている錯体をキレート錯体と呼ぶ。

 

自分の肌に合うか不安なときは!?パッチテストで肌に合うのか確かめてみる

敏感肌の方や、初めて使う化粧品に不安を感じる方は、事前にパッチテストを行うことで自分の肌に合うのかどうかを判断する方法があります。

パッチテストとは?

 

自分の肌に化粧品が合うかどうかを判断するためのテストです。
パッチテストの方法は、少量の化粧品をコットンなどに含ませて、直接腕や太ももの内側(皮膚の薄い部分)に貼り付けて1日から2日後に肌の調子を確認する。
異常がなければ使用して問題ないが、湿疹や赤みがあれば使用を中止するのが望ましいとされます。また、テストで異常が出なくても、化粧品を使っていくうちに異常が現れた場合は
ただちに使用を中止し,医師に相談することが重要です。

 

パッチテストに最適!気軽に試せるアンサージュ500円トライアルキットはこちら

アンサージュをお得にお試しトライアルする方法とは?

アンサージュをお得にお試しトライアルする方法は、公式サイトの定期便コースが割引率やサポート内容を考えても最もお得な方法です。

アンサージュの定期便コースがおすすめな理由
  1. 初回は、2か月分のアンサージュ4点セットが5,500円(通常価格から8,000円引きの59%OFF
  2. 定期便コースの解約には、契約期間の縛りは一切なし(初回で解約しても問題ナシ
  3. 60日間返金保証
  4. 送料無料
  5. 解約、休止、再開、お届け商品の変更など電話一本で対応してくれる
  6. 購入前も後も電話とお問合せフォームから質問できてサポート体制がしっかりしている

アンサージュの定期便コースの「60日返金保証」とは?

アンサージュの定期便コースには、「60日返金保証」が付いているので、万が一肌に合わない時には安心ですね。

注意点は、

  1. 初めての購入の場合に限る
  2. 商品到着後60日以内
  3. 開封後の商品を返品する。(この場合、全ての容器を返品する必要があります)
  4. 返品は一人1回限り
  5. 1商品につき1点限り

の5点です。

 

返金の申し出と返品の説明を聞くためにアンサージュ サービスセンター フリーダイヤル 0120-22-9967(月~金 9:00~17:00 ※祝祭日を除く)に電話して伝えます。
※事前に連絡のない場合は、返品を受け付けてくれない場合があるので注意しましょう。

「楽天ペイ」を利用した時の初回購入返金保証期限について

 

楽天ペイを利用した場合は、初回購入時の返金保証期間が60日ではなく、商品発送日の翌月25日までとなりますので注意が必要です。